頂 -ITADAKI-

夏の暑さも少しづつ和らいで、風は涼しく秋を感じる9月。

いかがお過ごしでしょうか。
この度は近況報告をまじえて皆さんのご意見も聞いてみたく、お便りします。

先日は会場の吉田公園に行ってきました。
前日まで雨予報だったのに午前中から気持ちよく晴れた一日。(頂当日でも良くそんなことがあったなぁ。)

公園には老若男女多くの人たち、子連れで、カップルで、友達グループで、犬の散歩で、賑わっていました。爽やかに広がる芝生のフィールドで皆、悠々と楽しそうに過ごしていました。皆、当たり前のようにちゃんとマスクをして。。。

今年の開催中止を決めてから1季節が過ぎる中、そんな日もありながら、新型コロナ関連から音楽業界やフェス界隈の状況を見ながら来年の開催に向けて日々悩んでいます。

週一のスタッフミーティングや、悲惨な実状が聞こえてくる業界裏方さんたちとの連絡~情報収集もしながら、この状況で進むべき方向を見定めるのにとても苦戦しています。

「ONE MORE ITADAKI」クラウドファンディングで支援してくれた方々や開催を楽しみに待ってくれている皆さんの期待は大きなモチベーションでもあり、良い意味でプレッシャーにも感じています。

開催するには感染対策のための、一定のガイドラインを守ることが求められることになるでしょうし、それでも感染を広めてしまうリスクが伴う、これまで楽しんできた環境とは程遠い規制の中で、果たして皆の期待に応えられる頂を作れるのか。

・・・何の為にやるのか。
改めて根底のコンセプトから考えさせられています。

「最高の音楽を、最高のシチュエーションで」が最初に決めた頂の根っこにあるコンセプトです。
それを守るとするなら、「今はやらない」が今年の決断でした。

来年、状況がどうなっているか細かくは分かりませんが、以前のようには戻らないことは確か。やるなら別の意味、別の意義を持って挑むしかない。

MUSIC NEVER DIES.
音楽のチカラは相変わらず信じています。

音楽自体の作り手でも表現者でもない僕らが、そのチカラを皆に体験してもらう為にとにかく最高なセッテイングを心掛けてきたのが今までの頂でしたが、この多くの弊害が生まれてしまう状況下で、僕らに何が出来るのか、どうやったら皆に音楽の感動を届けられるか・・・
それを思考して実現に向けていくのがこれからの僕らの戦いなのかもしれません。

正直、本当に何百周もしながら悩みまくってます。

実際のところ、皆さん(様々な立場があるかとは思いますが)、開催についてどう思いますか?

例えば、
禁酒の頂でも楽しめそうですか?
遊びに行く後ろめたさってありますか?
密になりがちなキッズエリアで自分の子供を遊ばせますか?
マスクをしながらの頂ってどうですか?
などなど・・・

もしよかったら皆さんのご意見、お気持ち、聞かせて下さい。
facebooktwitterinstagramのコメント、リプ、DM、何でも構いません。全部に返信は出来ないと思いますが、しっかり目を通して参考にさせてもらいます。

季節の変わり目、心身共に皆さんの健康をお祈りしながら、お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

2021/9/27 頂スタッフ一同